内定者インタビュー

就職内定者に、就職活動のコツや将来の目標などをインタビュー。

将来の夢だったSEに向かって、一歩を踏み出します。

古賀絢妃さん
2016年 渋谷キャンパス卒業生
神奈川県立城郷高校出身
内定企業株式会社日本プロテック

大学で開かれる企業説明会には欠かさず参加して、いろんな企業の話を聞きました。また、就活サイトで気になる企業を自分なりに調べ、アプローチする企業を絞っていきました。
実際に会社訪問したのは10社くらいです。

その中で、「ぜひ入社して欲しい」と言っていただけたのが日本プロテックでした。必要とされているとひしひしと感じ、とてもうれしかったです。
日本プロテックはIT関連の企業なのですが、いま、コンピュータの知識がなくても、入社してからしっかり学べると言っていただけたのも心強かったです。

社長面接のときはすごく緊張しました。でも、社長さんから企業の不正会計のことを質問され、そのようなことがあってはいけないと自分なりの意見を述べることができました。

私はもともとパソコンが大好きで、パソコンを活用して働くために経営について学ぼうと思い、日経大に入学したのですが、身につけた知識が就職試験で役立ったのはとてもうれしかったです。

就活を通して感じたのは、まず、自分の将来像を描くことが重要だということです。
将来像を決め、それに向かって頑張ることが大切だと思います。

就活で鍛えられたおかげで、人前に出ても上がらなくなりました。

土屋絵里菜さん
2016年 渋谷キャンパス卒業生
多摩大学目黒高校出身
内定企業株式会社ノジマ

就活を始めて驚いたのは、グループ面接のときに、周りの人たちが私よりも優れて見えたことです。その理由は、受答えがテキパキとし、話の組立ても上手でしっかりしているからです。
圧倒されましたが、後でよく考えると、あらかじめ質疑を想定し、答えを用意して臨んでいることがわかってきました。

私も面接の仕方をもっと練習するべきかと思っていたときに、ノジマの面接の担当の方が私の性格や強みを見抜き、それを気に入る企業もあるし、嫌う企業もあると、アドバイスをしてくださいました。そこで私は、マニュアル式の面接をするのではなく、自分らしさを出し、それで気に入られる方が良いということに気がつきました。

ノジマの担当の方は、私の特徴を気に入ってくださり、選考を進んでほしいと言ってくれました。結果、ノジマから内定をいただいたときは、自分の頬をつねってみて、現実を実感するほどうれしかったです。

将来は、ノジマのプライベートブランドの企画にたずさわりたいという目標もできました。就活は大変なことや辛いこともありますが、私が人間的に成長する機会になったと思います。

最新情報

オープンキャンパス開催日程の更新など、サイトの更新情報を掲載!

日本経済大学公式SNS

オープンキャンパス開催情報、入試情報などを配信中!
フォローして最新情報をGETしよう!

  • 日本経済大学神戸三宮キャンパスLINE
  • 日本経済大学神戸三宮キャンパスTwitter
  • 日本経済大学神戸三宮キャンパスFacebook